風水で開運 〜運勢がどんどん良くなる

FrontPage

風水とは  

風水(ふうすい)は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、気の流れを物の位置で制御する思想。「堪輿(かんよ)」ともいう。風水では都市や住居(すなわち生者の居住空間)を「陽宅(ようたく)」、墳墓(すなわち死者の居住空間)を「陰宅(いんたく)」と呼んで区別している。そのよろしきを得れば、死者は永く幸を受け、生者はその子孫繁栄するという。
画像の説明

◎正中(せいちゅう)線、四隅(しぐう)線
◇家の中心からみて、東西、南北にまっすぐ引いた線を正中線といい、北西と東南、北東と南西にまっすぐ引いた線を四隅線といいます。
◇特に重要なのは南、北の正中線と北東、南西の四隅線。
◇空気を汚してしまう物や開口部などがあると、健康を害してしまうといわれています。


◎張りと欠け
◇長さが三分の一以内なら張り 長さが三分の一以上なら欠け
◇原則として、「張り」はプラスに働き、「欠け」はマイナスに働くといわれています。「張り」であっても鬼門にあれば凶、裏鬼門にあれば大凶。

ご自分で風水鑑定をやって見ましょう。
間取り図
太極とは
中心を求める
方角を求める
宅掛を知る

重要なのは、間取りと方角です。↓↓

是非 ご活用下さい!!  



a:16716 t:40 y:0

powered by Quick Homepage Maker 3.30
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional